肛門周囲腺腫
肛門周囲腺腫は肛門周囲によく見られる腫瘤です。肛門周囲にある分泌腺に発生し、イボのような腫瘤が見られます。はじめは小さなイボですが、長い間様子を見てしまうと、大きくなってしまいます。 去勢手術をしていない8才以上の男の子に多く見られます。この腫瘤の発生には男性ホルモンが関与していると考えられています。 女の子の場合は、子宮卵巣を手術で摘出された仔に見られることがあります。猫ちゃんの場合は、肛門周囲腺が無いので見られません。肛門周囲腺腫は良性のものですが、悪性のものでは肛門周囲腺癌などが見られます。良性悪性を見極めるためには、切除した組織を検査しなくてはいけません。

 

治療

治療は外科的切除、去勢手術が一般的です。

 

予後

肛門周囲腺腫の予後は良好です。しかし悪性腫瘍の肛門周囲腺癌、肛門嚢アポクリン腺癌は注意が必要です。