動物医学情報 トップ > DOG のエントリー 一覧
犬のアトピー性皮膚炎

 犬のアトピー性皮膚炎は犬全体の10%前後に発症がみられるといわれています。発症年齢は4ヵ月から7歳で、およそ70%は1歳から3歳で発症すると考えられています。日本ではウエスト・ハイランド・ホワイト・テリア、柴犬、ラブラドール・レトリーバーなどの犬種でよくみられます。アトピーの原因となるアレルゲンの種類によって春から秋にかけて症状を示す場合と冬に症状を示す場合があります。ハウスダストマイト(家の中に居る数種類のダニ)などが原因の場合には季節にかかわらず発症します。

 犬のアトピー性皮膚炎の診断にはさまざまな方法が提案されていますが、まずはWillemse先生が提案した「犬のアトピーの定義」を指標に考えていきます。

 

Willemse先生が提案した「犬のアトピーの定義」

各定義のうち少なくとも3項目ずつ充たす

大定義

・掻痒(かゆみ)

・顔面および/あるいは肢端(足の先)の発症

・足根の屈筋面あるいは手根の伸筋面の苔癬化(象の皮膚のようにゴワゴワしている)

・慢性あるいは慢性再発性(何度も繰り返し発症する)の皮膚炎

・アトピーの家族歴

・好発犬種(ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリア、柴犬、ラブラドール・レトリーバーなど

小定義

・3歳齢以下の発症

・顔面の紅斑と口唇炎

・細菌性結膜炎

・表在性ブドウ球菌性膿皮症

・多汗症

・吸引アレルゲンへの皮内反応試験陽性

・抗原特異的IgGdの上昇

・抗原特異的IgEの上昇

 

治療

 現在、アトピー性皮膚炎に対するファーストチョイスはコルチコステロイドの投与ですが、ステロイドの用量を少しでも減らしていくために、シクロスポリン、インターフェロン・ガンマなどを併用する場合もあります。治療はあくまでも症状の緩和です。ワンちゃんがつらい痒みから少しでも解放され、心地よい生活を提供してあげることが目的となります。

肛門周囲腺腫
肛門周囲腺腫は肛門周囲によく見られる腫瘤です。肛門周囲にある分泌腺に発生し、イボのような腫瘤が見られます。はじめは小さなイボですが、長い間様子を見てしまうと、大きくなってしまいます。 去勢手術をしていない8才以上の男の子に多く見られます。この腫瘤の発生には男性ホルモンが関与していると考えられています。 女の子の場合は、子宮卵巣を手術で摘出された仔に見られることがあります。猫ちゃんの場合は、肛門周囲腺が無いので見られません。肛門周囲腺腫は良性のものですが、悪性のものでは肛門周囲腺癌などが見られます。良性悪性を見極めるためには、切除した組織を検査しなくてはいけません。

 

治療

治療は外科的切除、去勢手術が一般的です。

 

予後

肛門周囲腺腫の予後は良好です。しかし悪性腫瘍の肛門周囲腺癌、肛門嚢アポクリン腺癌は注意が必要です。