動物医学情報 トップ > EXOTIC ANIMAL のエントリー  « 前の記事 I 次の記事 »
メキシコサラマンダーの体腔内液体貯留

メキシコサラマンダー(和名)はアホロートル(英名)ともいわれ、ウーパールーパー(商標名)として親しまれているペット両生類です。

両生類は浸透性に優れた皮膚をもち、水分吸収のほとんどを外部環境から皮膚を介して行います。体内に蓄えられた水分は呼吸、皮膚、排便、排尿によって消失します。これら体内に出入りする水分の収支が何らかの原因で破綻すると、体内に異常な液体の貯留が発生してしまいます。

 

原因

・細菌、真菌の感染

・代謝性骨疾患

・外傷

・体腔内腫瘤

・心不全、腎不全、肝不全

・ウイルス性疾患

 

症状

・腹部膨満

・水中での転倒

・食欲不振

 

診断

・X線検査

・超音波検査

 

治療

・貯留水の吸引

・両生類用リンゲルによる浸漬

・薬浴

 

               写真上:治療前

               写真下:治療後

a 096.JPG
a 138.JPGのサムネール画像