動物医学情報 トップ > EXOTIC ANIMAL: 2009年8月 のエントリー 一覧
メキシコサラマンダーの体腔内腫瘤

メキシコサラマンダー(アホロートル)の診察で頻繁に遭遇する症状は、お腹がパンパンになってしまう、いわゆる体腔内液体貯留です。この症状は腫瘤による循環不全によっても見られます。腫瘤が超音波検査で明らかになった場合には、手術によって治療をします。

 

011 (2).JPG

044.JPG

 
065.JPGのサムネール画像

068.JPG

062.JPG