動物医学情報 トップ > EXOTIC ANIMAL: 2010年11月 のエントリー 一覧
ピラニアのエラめくれ

魚類の多くは鰓蓋、いわゆるエラをもっています。

まれに鰓蓋の縁にある鰓膜が外側にめくれてしまう「エラめくれ」が生じることがあります。ペットフィッシュにとってエラめくれは美観上大きな問題となります。

動物病院では魚類用麻酔薬を用いて、反り返ってしまった鰓膜を切除する魚類の美容形成も行います。

当院では魚の身体に傷がつかないよう水中で処置を行います。

pira1.JPG
pira2.JPG
pira3.JPG

 

 

ロシアンハムスターの卵巣子宮疾患

ロシアンハムスター(ジャンガリアンハムスター)の女の子は、ウサギと同様に卵巣や子宮の病気がよくみられます。

陰部からの断続的な出血、血まじりのオリモノが見られた場合、高率で卵巣あるいは子宮に問題が見つかります。

超音波検査にて卵巣や子宮に異常が認められた場合には、早期の子宮卵巣摘出術が得策となります。

手術には角膜手術用の極細縫合糸を使用しますので、ハムスターが術後に手術部位を気にすることは滅多にありません。

046.JPG
053.JPG
ja04.JPG